妊娠中のアロマテラピーの注意点

妊娠中のアロマテラピーの注意点

妊娠中は非常に女性の体はデリケートになっています。

 

それは胎内に赤ちゃんを宿しているということで、体全体のホルモンバランスに大きな変化があるからなのです。体調に狂いも起こりやすくなってきますし、精神的に不安定になる方も少なくはありません。

 

しかしながら香りに非常に過敏になっている妊娠中の女性にアロマテラピーはすすめられるのか?という疑問もあることでしょう。

 

確かにフルーツ系の香りやベルガモット、排出効果や子宮収縮の働きを持っているクラリセージやジャスミンは避けなければなりません。

 

 

クラリセージやジャスミンは避ける

 

 

この香りは生理痛の緩和には効果があるのですが、お腹に赤ちゃんを宿している間は危険なのです。

 

では妊娠中では?となりますよね。 初期はスィートアーモンドオイルで妊娠線が出来ないようにマッサージすることはおすすめです。

 

使うタイミングは後期に入り、お腹がかなり大きくなってきて、赤ちゃんも安定している期間です。 この期間に入るとアロマテラピーは効力を発揮し、出産に向かっている体を応援してくれます。

 

おすすめの香りはローズマリーやゼラニウムのオイルで体を温めながら、腰や足をマッサージすると、かなり体の重みが緩和されていきます。

 

また出産に向かって緊張しやすくなっていますから、ローズやラベンダーのエッセンシャルオイルを数滴落としたバスタブでゆっくり体を温めながら、リラックスすることもおすすめです。

 

また赤ちゃんのためならば、お腹にカモミールのエッセンシャルオイルで優しくマッサージすると、自分がリラックスするだけでなく、非常に赤ちゃんにもいい影響を与えてくれます。

 

香りに過敏になっている場合は避けたほうが良いのですが、後期に入り、出産準備に入っている体にならばおすすめです。

 

 

妊娠中のアロマテラピーの注意点関連ページ

アロマテラピーでの肌トラブル
こちらでは、アロマテラピーでの肌トラブルについて紹介しています。アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルの香りは本当に心地良いものです。 そこで失敗しやすいのは、適量を守らないことで起こるトラブルです。たとえばローズの香りが好みと言う方がいます。ローズには保湿効果もあり、美肌には欠かせません。また精神的にもリラックスさせてくれるので、人気があるのも不思議ではありません。
アロマテラピーの注意点
こちらでは、アロマテラピーの注意点について紹介しています。多くの方に親しんでいただきたいアロマテラピーですが、やはり注意しなければならないこともあります。 妊娠初期の香りに過敏になっているときはおすすめできません。エッセンシャルオイルの性質の中には子宮を収縮させる働きのものも数多くあります。
生理中のアロマテラピーの注意点
こちらでは、生理中のアロマテラピーの注意点について紹介しています。もちろん婦人科医の先生がおっしゃることに間違いもないのですが、アロマテラピーで少しずつ生理にまつわる不快感や悩み、症状を緩和させることもおすすめなのです。 たとえば著しくホルモンバランスが崩れ、体調も精神状態も崩す傾向にある方は、クラリセージが効果的です。