医療としてのアロマテラピー

医療としてのアロマテラピー

アロマテラピーが日本に上陸したときは、「美容」を中心に置かれていました。

 

ところが最近では、この香りの効果やエッセンシャルオイルがもたらす体の治癒が注目され、医療現場でも取り入れる施設が増えてきています。

 

このようなアロマテラピーは「メディカルアロマ」と呼ばれています。

 

メディカルアロマを治療に用いているクリニックや病院は、非常に増えています。中には患者の苦痛を和らげるという目的だけでなく、直接、治療のために使用され始めているのです。

 

いままでは末期ガンの患者が少しでも安らかに、そして心の安静を持てるように使われていたことはあります。

 

今ではもっとエッセンシャルオイルのもたらす効果を確認している医師が増えて、薬を投薬する一方で、アロマテラピーも行っているのです。

 

いわば「美容」だけ効果的ではないことが実証されてきているのです。

 

非常に最近増えている、婦人科系の病気や生理前、生理中に心身ともにコンディションを崩してしまう方には、素晴らしい効果をあげています。

 

メディカルアロマ

 

また精神的なダメージを受けている方にも、メディカルアロマは効果を発揮しています。

 

薬だけに頼るのではなくなってきているのです。もっと自然な形で、香りというファクターが働きかけ、精神の安定を促してくれるわけです。

 

長い歴史を持つヨーロッパではすでに、慎重に調合されたエッセンシャルオイルを服用して、心身のトラブルを解消する治療法が確立しています。 遅まきながら、日本にもこのような動きが始まっています。

 

そうなってくると、もっと専門的知識なども要求されるようになりますし、またヨーロッパのように国家資格ということになっていくことになるでしょう。

 

考えれば日本も漢方という植物の力を使って、心身のトラブルを解消してきた歴史があるのですから、不思議ではないですよね。

 

医療としてのアロマテラピー関連ページ

ダイエットにも効果的な香り
こちらでは、ダイエットにも効果的な香りについて紹介しています。香りがさまざまな効果を生み出すことは、意外とご存知ではなかった方も多いことでしょう。おそらくが「良い香り」と気分が良くなるくらいの認識ではないでしょうか。しかし香りがダイエットも成功に導く、といったら、驚くのではないでしょうか。アロマテラピーでは、香りによって、ダイエットをサポートすることも不可能ではないのです。
アロマテラピーとマッサージ
こちらでは、アロマテラピーとマッサージについて紹介しています。アロマテラピーはアロマポッドで焚いて、室内に芳香を満たし、その中でエッセンシャルオイルの成分を鼻から吸収するだけではありません。 バスタイムで使うと言う方法も手軽ですが、これだけでは物足りないかもしれません。多くの方が一度は体験したいという、エステサロンでのアロマトリートメントも効果的な方法です。
アロマテラピーで花粉症対策
こちらでは、アロマテラピーで花粉症対策について紹介しています。春先や秋の始まりに多くの人々を悩ませているのが花粉症。 これもアロマテラピーである程度は対処することができます。 非常に花粉症対策になるアロマオイルを挙げていくと、鼻の辛い症状にはユーカリ、ティーツリー、カモミールジャーマンの3つになります。
安眠のためのアロマテラピー
こちらでは、安眠のためのアロマテラピーについて紹介しています。現在、不眠症に悩んでいる方が増えているそうです。専門医にかかって、睡眠導入薬を処方してもらい、ようやく眠れる、という方も珍しくはなくなってきているとも言います。 問題は睡眠導入薬は、依存性はないのですが、長い期間に服用していると体に負担もかける場合があることと体質によっては翌朝の目覚めが良くないこともあります。