エッセンシャルオイルの使い方

エッセンシャルオイルの使い方

アロマテラピーに欠かすことができないのは、植物の成分を凝縮させたエッセンシャルオイルです。 これを選ぶ際にはコツがあります。

 

ラベルに「ピュア」「ナチュラル」「オーガニック」という表示を確認するのです。輸入品であれば、かなりの目安になります。

 

また価格があまりにも安いものは香りの雰囲気を楽しむもので、直接、香りの効果はありません。目安でいえば10ccで2000円以上なら、100%だと判断できます。

 

加えてエッセンシャルオイルの成分はすべて揮発性なので、使ったら、きちんとふたを閉めなければ、肝心な効果のある成分がすべて飛んでしまうので、注意しましょう。

 

さっそく使い方ですが、部屋中を香りで満たし、その香りのパワーで今、抱えているトラブルを解消させたいなら、アロマポットで焚くことがおすすめです。

 

アロマポットで焚く

 

この場合は水に数滴落とし、温めることで、香りを広げさせていくのです。

 

もっと集中的に香りの成分を吸収させたいなら、マグカップに張った熱湯に1滴落とし、湯気で香りを鼻から吸収させる方法もおすすめです。 使い方では原液のまま使えるのは、ティーツリーとラベンダーだけです。

 

そのほかのエッセンシャルオイルは、肌に直接つけてはいけません。ティーツリーとラベンダーは傷薬にできますが、その他のものは肌にダメージを与えるリスクがあります。

 

そのまえに100%凝縮させた香りは非常に強く、植物性のオイルで希釈しなければ、香りが強過ぎて、うまく嗅ぐことができません。

 

そこで希釈が必要です。 そのためにおすすめのオイルは肌なじみがよく、アンチエイジング成分も含まれているスウィートアーモンドオイル、保湿効果の高いホホバオイルがおすすめです。

 

これらをキャリアオイルというのですが、顔やボディに使うときは、50ccのキャリアオイルに対し、エッセンシャルオイルは20滴が日本人の肌にはおすすめです。

 

 

エッセンシャルオイルの使い方関連ページ

アロマオイルの使い方
こちらでは、アロマオイルの使い方について紹介しています。良い香りというのはそれだけでリラックスできるものですよね。 アロマテラピーはその効果だけではなく、鼻の粘膜から使用している香りの成分が吸収され、また肌にも浸透し、効果を本格的にあらわすものなのです。 そこでついアロマオイルというよりも、その原液を嗅ぐ方が効果的なのでは?とお考えになる方もいるかもしれません。
キャリアオイルの使い方と種類
こちらでは、キャリアオイルの使い方と種類について紹介しています。アロマテラピーで香りの効果を十分に実感すると、肌から成分を吸収させて、もっと効果的に使いたくなりますよね。 ここで必要になるのが、植物性のオイルです。
エッセンシャルオイルの選び方
こちらでは、エッセンシャルオイルの選び方について紹介しています。アロマテラピーを実践したいと思っても、自分でオリジナルブレンドのエッセンシャルオイルを作るのは、なかなか難しいことです。 とはいっても、ある意味、自分の好みの香りと自分のコンディションの悩みが把握できていれば、単体をキャリアオイルで希釈して使うことができますよね。